あまりとりあげられていない中一覧形式で備忘録がてらサイトにしてみました。

どうしても分かりづらい知識をテーマごとに分類。歯科医の仕組み、解説ページ。

あまりとりあげられていない中一個一個丁寧に文章化し、記事にしてみました。

歯科医の仕組み

歯科医は歯と口腔内の傷病の予防や診療および治療、そして公衆衛生の普及に従事する専門医である。虫歯の治療が中心になるが歯周病の治療や歯並びの矯正、インプラントやホワイトニング他、最近では予防歯科学、美容のための歯のホワイトニングやインプラントなどの業務も行っているところもある。患者を診療するには歯科医師免許が必要であり、同免許を取得するためには歯科医師国家試験に合格しなければならないのである。原則として厚生労働省が指定した大学校において、歯学に関する正規の課程である6年制の歯学部歯学科を卒業すると歯科医師国家試験の受験資格が得られ仕組みになっている。つまり歯科医師の受験をするためには6年間大学・大学院に通わなければいけないのである。国家試験に豪華薄れが歯科医師になれるわけでもない。歯科医師の場合、国家試験に合格した後、1年間の臨床研修が義務づけられているのだ。歯科医は病院や診療所に勤務する人もいるが、経済面から独立開業する歯科医が多い。歯科医の数はコンビニの数よりも多いと言われている。但し、現在は歯医者が飽和状態ということもあり、新規開業者が減少することが予想されている。一方、歯を美しく見せるための審美歯科や矯正、スポーツ歯学など従来とは違うサービスや分野に特化した専門歯科医は需要が高まっている。

Copyright © 歯科医の仕組み|歯科医に関する勉強サイト All Rights Reserved.